9/18 (Sun)  20:00-
会場:  UPLINK FACTORY
イジドール・イズー 『涎と永遠についての概論』1951年、 120分。

Isidore Isou, Traité de Bave et d’Éternité (1)

ルーマニア出身の詩人イジドール・イズー(1925-2007)によって開始された、戦後フランスでもっとも過激な前衛芸術運動レトリスム(文字主義)。映画史上初めてノイズやスクラッチを多用したその伝説的な映画第一作となる本作は、カンヌでジャン・コクトーに絶賛され、後の映像アートに大きな影響を与えた。14年ぶりの上映。データ量150GBの超高画質版、イズーの晦渋にして他に類を見ない挑発的なダイアローグを完全に日本語字幕化!!!

 

チケットはUPLINK FACTORY ウェブサイトより

前売り:1,500円    当日:1,800円

 

 

 Isidore Isou, Traité de Bave et d’Éternité (4)

Isidore Isou, Traité de Bave et d’Éternité, 1951. Courtesy of RE:VOIR.