デュラスとシネマ

6/18(木) 18:45-

会場:

Kyoto-kambaikan

『デュラスとシネマ』(Duras et le Cinéma)、監督:ドミニック・オーヴレイ(Dominique Auvray)、 2014年、 61分。

『あるがままの彼女』(2002)に続く、オーヴレイによるデュラスを見つめるドキュメンタリー最新作。デュラス自身、その映画、そして映画そのものをも、彼女の眼差しを通して発見していく。上映後、監督によるQ&Aの時間を予定しています。

当日:¥1,300  会員(京都シネマ、クラブ・フランス、Hardience):¥1,000 ※18 日は1日通し券

MARGUERITE NN MOI

MARGUERITE ET MOI 1984