9/16 (Fri)  開場:19:00- 開演:19:30-
会場: SuperDeluxe
 クリスチャン・ボルタンスキー 初期フィルム作品

東京都庭園美術館「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス―亡霊たちのさざめき」展連携プログラム

 

上映作品

咳をする男 / L’Homme qui tousse (1969) 3分30秒

舐める男 / L’Homme qui léche (1969) 2分30秒

私が思い出す全て / Tout ce dont je me souviens (1969) 24秒

 

フランス現代アートの巨匠、クリスチャン・ボルタンスキー(1944-)がその初期に制作した、実験映画作品。昨年のヴェネチア・ビエンナーレで上映され、非常な評判を呼んだ。日本でも人気の高いボルタンスキーの知られざる側面を、一気に知ることのできる貴重な機会。本邦初上映(いくつかの作品は45年ぶり)。

 

チケットはこちらから!

前売り: 2,500円  当日:3,000円  (+ドリンクチケット700円)

 

tousse_1Christian Boltanski, L’Homme qui tousse, 1969. Coutesy of the artist.